神社史研究会 
  The Jinja Historian's Association
三重県伊勢市神田久志本町1704番地
皇學館大学 白山 芳太郎 研究室内

ご挨拶

このたび神社史研究会の創立につき、
まことにお世話になり、ありがとうございます。
心より御礼申し上げます。

 これまで、一宮の研究会、式内社の研究会などがありました。それらは神社史研究の重要な部分であることは認めます。 しかし、それらにより全国8万の神社をおおいつくしたものでもありませんし、それらはある段階に日本歴史の必要性から成立したものであるだけに、神社そのものの発祥を語るものでもありません。
 今後これらの研究を踏まえつつ、それらに包括されていない多くの神社を対象とする神社研究が必要となってくると考えました。 そこで神社の研究を、特に史的研究の立場から接近する集まりを作りたいと思いました。
 わたしは『日本神さま事典』(大法輪閣)『真清田神社史』(国書刊行会)など、いくつかの神社研究の仕事をしました。また『式内社調査報告』の執筆、編集に携わりました。 神社本庁の全国まつりデータの作成においては、中央執行委員をつとめました。 大学、大学院では神道史の研究を中心に学生たちと接し、学界でも神道史学会、日本思想史学会、日本宗教学会、神道宗教学会で発表し、機関誌に執筆し、役員をつとめてきました。 これらの経験を生かし、会員各位との親睦と交流と研鑽を深めていきたいと思います。
 神社は、社叢を中心に自然科学から、その社会に果たした役割を中心に社会科学から、また文学、地理学、考古学など人文諸科学からと、さまざまな諸領域から、研究がなされています。 それらの研究にも視野を拡げてはいきますが、これらの研究を客観的に評価できる自らの研究基盤としての史的研究が必要であると考えます。 そういった研究仲間が集まってくださったことに感謝いたします。
 末筆ながら、今後の本研究会の発展を祈念し、あわせて会員各位のご健闘を祈りあげます。   

会長

白山 芳太郎
皇學館大学教授

略歴(皇學館大学)

昭和52年 皇學館大学助手
昭和55年 同専任講師
昭和60年 同助教授
平成 7年 同教授
     (神道史・神道)
平成21年 同神道研究所長
平成25年 同学長補佐
平成27年 同特別教授

学会活動

神道史学会委員
神社本庁教学委員
神道宗教学会理事
日本思想史学会評議員
日本宗教学会理事



神道学原論
皇學館大学文学部教授
白山 芳太郎 著
1852円



事務局からのお願い 

  A Salutation from Chairman  

  The Jinjya historian's Association
Chairman Yoshitarou Sirayama
(professor of historiography)  

I really appreciate that foundation of our new association which is called "The Jinjya historian's association.
A lot of historian have been studied about shitoism or shrines. These studies ,for example," survey of Ichinomiya's" or survey of Shikidaisha's" These are exactly critical elements of investigations of the Shinto studies.
However,that is not only a mainstream of studies,but also one-sided of Shitoism.
There are approximately 80,000 shrines in Japan ,almost all of them have not been famous or important field of study.
I suppose that our new consciousness what importance what we have to give light upon small shrines and regional community.
In a certain meaning the nation is aggregate of regional community.That was not attracted attention very much, nevertheless that is a vital factor.
We will discovered what the origin of Faith and history of folklore.
Scholar and student who have common recognition of the study subject, hold a society for researches and investigations that is really purposeful.
There is various studing method in Shitou studies,for example,natural science , geography,sociology,archeology,literature,etc. Fortunately,I have some experiences as a Sinto historian for more than 40years.
From the experiences of my study,I hit the following idea. However new approaching method is required.As a matter of course. Interdisciplinary study essential matter, But we have to restructure determination criteria that is based upon historiography.
On this day "The jinjya historian's association was established,by the scholars and students who had same ambitious. Our purpose is to illuminate the way of development of shinto as a religion or bonds of communities .

We would like to arrives at the new horizon of the shinto Study, through the way of frankly discussion based upon intellectual investigations academic researches.


  
  
  
  
  

→ごあいさつ   →研究会概要   →研究会活動  →入会案内  →お知らせ  →問合わせ  

50選/第一次
調査活動報告
地図/一覧
調査活動報告
年別/随時
調査活動報告
提携協力/HP
神奈備にようこそ
提携協力/HP
吉野にようこそ
研究会の目的
全国約8万神社の紹介及び史的研究
第一次調査予定
倭姫巡行地神社
全国の「一の宮」
倭健遠征地神社
『出雲国風土記』と
大国主関係神社
神武東征地神社
御祭神別神社
その他、物語性のある切口で調査研究していきます。
第二次調査予定
全国8万社まで、継続研究

第一次完成予定 
平成32年
(2020年) 
第二次完成予定 
未定
継続研究